チン州で一軒家の土地245軒を販売

2020/11/03 ミャンマー最新情報
Chin State!

チン州で一軒家の土地245軒を販売

 チン州のパラン町にて245軒分の土地を112日から販売する事がチン州政府、都市開発管理局により発表された。97日から2週間、土地購入者を募集した結果、申込者は約500名であったという。申込者の内、収入が低い家庭や定年退職した公務員、地元の人々などを優先的に選考していくと言う。土地の購入価格は3種類に分けられており、A-レベルは20万チャット(約16万円)、B-レベルは10万チャット(約8万円)とC-レベルは5万チャット(約4万円)で、購入許可を得た人が購入できるという。プラン町の都市開発プロジェクトは3年前から始まって、現在245軒分の土地が開発出来たが、今後は1,000軒分の土地の開発が予定されていると、Yadanapon Dailyに掲載されている。