コロナ渦でビジネス事業におけるデジタル利用が急加速に

2020/12/02 ミャンマー最新情報

コロナ渦でビジネス事業におけるデジタル利用が広がりを見せている。
経営部門ではデジタル技術の譲渡性について2020年に20%、2025年に50%成功させるよう、事業財務産業省から発表された。

ミャンマーデジタル経済開発委員会(DEDC) の指示通りドイツFriedrich Naumann Foundationと産業監督検査局から共同サポートを受け、ミンミャンマー研究会社からミャンマー国内の中小企業デジタル技術研究(Baseline Survey On Myanmar MSME’s Digital Utility 2020)が行われる。
 

現在も拡大を見せるコロナ感染症は多くの伝統的なビジネスの脅威となっているため、デジタル移行のスピードアップに向けて様々な開発パートナーのグループと共同で作業を進めていると、経済商務省副大臣ウーアウントゥー氏が発表した。経済商務省としては、サポートシステムであるE-Commerceが実現されるよう、また、政府機関、商工会議所、ビジネス協会、開発パートナーグループ等と共同してデジタル移行の目標も達成できるようにすると伝えた。