ミャンマー電力不足解決に4つの水力発電プロジェクト計画

2020/12/04 ミャンマー最新情報

電力不足解消の為、4つの水力発電プロジェクト:チャイタウン上部51MW、イェーユアー上部280MW、パウンラウン中部152MW、トゥテー111MWを行うと電気エネルギー省連合大臣ウーウインカインが発表した。2016年には1日48,000MWh発電していたが、現在は1日65,000MWh発電できるようになっている。中でも水力発電28ヶ所から3,225MW発電していると電気エネルギー省連合大臣が続けて発表した。

また、電力不足解消の為、
2016~2017から2018~2019年度迄3年間にミャンマーでは水力年間百万キロワット時間約11,000、天然ガス年間百万キロワット時間約9,000発電したと電気エネルギー省の報告を中央統計機関が伝えた。個人電力消費量は2019~2020年度には432KWhとなり過去5年間で169KWh多くなったと電気エネルギー省が発表した。

御社の商品はミャンマーにとって、新しいエネルギー源になるかも知れません。

 

風力、太陽光、地熱、中水力を利用した発電はCO2排出量が少なく、
地球温暖化問題にも貢献できます。御社の商品を活用したプロジェクトをミャンマーに提案をしてみませんか?

 

現地政府関連ビジネスのサポートも弊社I .B.Bにお任せください。
最大限のサポートをさせていただきますので、どうぞお気軽にご一報ください。