タニンタリィー県、ダウェー地区へ長さ180マイル(約290km)のパワー電気線接続2022年完成予定

2020/12/07 ミャンマー最新情報

タニンタリィー県、ダウェー地区への180マイル(約290km)長のパワー電気線接続プロジェクトを2022年完成予定に行うと県政府から発表があった。
本プロジェクトは連合電気エネルギー省が計画しており、国連合レベルで行う予定で、都県政府は土地提供すると発表した。国連合電気エネルギー省が直接入札会を行い、県政府は電気線用ブランチを構築できる土地を探している。

残りのプロセスは国連合が行う予定で、2022年完成予定。土地が見つからない場合は完成が遅れる可能性もあるが、ベイク地区にも接続できるようにする、とタニンタリィー地域電力/エネルギー大臣ウーアウンツーヤが発表した。
モラミャイン地域~イェー地域~ダウェー地域のパワー電気線接続プロジェクトは、ADB(アジア開発銀行)からのローンで賄い、Kalparatu Power Transmission Ltdが作業を行う予定で、送電/制御部門(DPTSC)と契約した。
現在は電力線のエンジニアリング業務を行っていると、タニンタリィー地域電力/エネルギー大臣ウーアウンツーヤが続けて発表した。

 

 

ミャンマーに御社の商品や技術の宣伝や販路開拓もI.B.Bにお任せください


最大限のサポートをさせていただきますので、どうぞお気軽にご一報ください。