2021年1月よりミャンマー国際線乗り入れ解禁準備

2020/12/23 ミャンマー最新情報

ミャンマー国営航空会社、ミャンマー・ナショナル航空(MNA:Myanmar National Airlines)は2021年1月からの国際線乗り入れの準備をしており、乗客のチケット購入次第で国際線を再開する。

 

また、ヤンゴン国際空港での運航再開のため、外国航空会社や関係国家政府と詳細な協議を行っていると、航空運輸管理局、輸送・通信省が発表した。


「MNAは現在バンコクやシンガポール向けに月1回レスキューフライトしており、乗り入れに必要な規則等を理解している。他国へは各国政府から許可が取得でき次第、運航を再開する予定だが、乗客がいなければ再開はできない」とMNA経済部部長ウー・ナイン・ソール・イン氏が伝えた。

 

現在、コロナ感染防止の為、ヤンゴン国際空港は国内線、レスキューフライト、貨物フライト以外は年内の運航を停止している。

ミャンマーへ同行出張サポートもI.B.Bにお任せください

 

ミャンマーへの企業進出や輸出入など、新しい事業に取り組まれる方々をサポートしています。ミャンマーの取引について370店舗以上の実績があり、現地のビジネス風趣、習慣を熟知したノウハウを用いて迅速にかつ安定したサービスを提供することが可能です。

 

ビジネスにまつわるお悩みを抱える方やサポートを必要とされる方々の期待に応えられるよう、今後も励んでいきます。

 

ミャンマーへの出張をお考えの方は、まずはお気軽にご相談ください。