ミャンマーでインドから購入のワクチン150万届く

2021/01/22 ミャンマー最新情報

今月22日に新型コロナウイルスワクチン150万個がインドから届くと、アウン・サン・スー・チー国家顧問が発表した。

 

「 1人2回接種する為、75万人分ある。1回目の接種の28日後に2回目を受ける。
まず医療従事者、政府主要関係者、国会議員が優先され、来週中には接種可能。ワクチン接種後も感染防止と自身の健康に最大限の注意を払ってほしい。」と続けた。

 

ミャンマーでは昨年末ワクチン基金を設立し、ワクチン購入に充当するため政府が拠出した額が10億チャット(約7,800万円)、全国からの寄付が180億7千810万チャット(約14億866万円)あり、全国民への接種を急いでいる。

 

今回届いたワクチンはアストラゼネカ社開発の「AZD1222」で、インドでは「Covishield」と呼ばれている。

また、4月上旬着予定のワクチンは、WHOと途上国への予防接種普及に取り組む国際機関「Gaviワクチンアライアンス(Gavi, the Vaccine Alliance)」、感染症流行対策イノベーション連合(CEPI)が運営する、ワクチンを確実に公正に分配する国際プログラム「COVAXファシリティ(COVAX Global Vaccine Facility)」により無償提供される米製薬大手ファイザー(Pfizer)と独製薬ベンチャーのビオンテック(BioNTech)が開発したワクチンであることも伝えられた。

海外出張代行業務を開始いたします。

お客様が出張先のミャンマーで行う

予定だった業務をIBB現地スタッフが

現地で代行、または全力でそのサポートをいたします。

 

◾️新型コロナウイルスの影響で

現在ミャンマーへのフライトが制限されている状態です。

 

◾️お客様がミャンマーへ出張されずとも、

現地で行われる予定だった業務を

IBBの現地スタッフが誠意をもって代行致します。

 

◾️ご依頼事例

オンライン視察、 オンライン商談のアレンジ、

自社商品の拡販(代行営業) サンプル買付け・仕入れ、

現地調査レポート及びライブ中継、

現地取引先候補のリストアップなど

様々なサービスをご提供いたします。

 

ご希望に沿った柔軟かつ幅広いサポートを

いたしますので、どうぞお気軽に問合せください。